令和6年6月6日と硬貨666円

新紙幣は2024年7月3日に発行開始が予定されてますが、既にある硬貨はそのままですね。

昨日は令和6年6月6日だったこともあり、硬貨を全て合わせた666円を産土神社に奉納お参りしてまいりましたv

日本でもキャッシュレス化の波が押し寄せている中、案外 たんす預金で現金保有している層が多いのも、設計をしていると分かります(金庫位置の依頼で)

新札発行で旧札を溜め込んでいる層をあぶりだす方針のようですが、結局はこまめな換金をされ「銀行預金」や「キャッシュレス化」へのスイッチは富裕層の高齢者には敬遠されるように思えます。

一方で新NISAの動きなど、介護福祉建築分野は情報弱者のクライアントに寄与できるよう様々な方向にアンテナを張っています♪



やすらぎ介護福祉設計

「衣・食・住」から「医・介・住」の時代へ 少子高齢社会を迎えた今、これから子育てをされる世帯から終の棲家まで、生涯安心して暮らせるサポートをしております。 メインの建築設計・施工監理をはじめ、介護・福祉相談分野(独立系社会福祉士)、不動産・相続相談分野(FP・不動産)の3つを軸として人生の総合設計をお手伝い致します。